キュンとする時代

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)

これはやばい!

正直、GW最後の贈り物だった、やばい!悶えた!

いいなあいいなあ、本当に高校生に戻りたくなってきた。

いやあしかし高校生の時なんか信じられないくらい何もしなかったからね!

こういうひたむきな姿と言うか、何か青春と言うか。あああ良いなあ!

キュンキュンすんな!おい!

学生、っていうのは頑張ると輝くよね!恋が生まれるじゃない!

社会人がひたむきになる、とかってなるともう島耕作の世界だものね。出てくる台詞が「おい、冗談だろ!俺達そういうつきあいじゃないってことは分かってた筈だぞ」(文庫3巻)ですよ。全然キュンとしない。

「キュンとしない」と言う理由で仕事を休みたいのですが如何でしょうか。

今日から仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。