Hard Times

大学生の時にエリッククラプトンのベストアルバムが出て、その中に

Hard Times

という曲があった。
で、カラオケなんかでちょっと歌って、悦に浸ったりしていたのだが
その歌詞というのが

I had a woman.
who is always around
but when I lost my money
she put me down

意訳:
俺にはいつも付いてくる女がいた
だが金がなくなったら、彼女は俺を見放した

これを童貞、バイトもろくにしてない学生が歌ってたのかと思うと赤面の至り。

Blue eyes blueとかも歌ってたのだが。
「it was you who made my blue eyes blue(俺の青い目をもっと青くさせるのは君だ)」
みたいな歌詞だけど、そもそもお前の目は真っ黒だ、とw

英語は何つーか、魔力ですねw

**

久し振りに皿洗いしながらクラプトン聴いて、そんな黒歴史を思った朝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。