最終目的と日々の行動

何かゲーセンに行こうと思ったけどさほど乗り気じゃない自分がいるわけですね。
「今日はやらなくていいかなあ。でもなあ・・・」みたいな。

どこか心の奥で「今日やらないと腕が鈍るかなあ」とか思ってる自分がいるわけですよ。もちろんそんなデリケートな腕前の持ち主でもないんですが。



で、まあふと思ったことなのですが、最終目標ってなんだろうなと。

自分がゲーセンで全国1位を目指すとかであれば、それこそ毎日行かなきゃいけないような気がするんですよ。
もちろん上手くはなりたいけど、全国を目指す!というほど練習しているわけでもなし。

漠然と思っているのは老人になっても若者と同じフィールドで戦えるものが欲しいなと。

先日見た新聞記事であったんですが、老人ホームに「太鼓の達人」を導入しているところがあるらしいんですよ。

たとえばそこのホームにむっさ上手い人とかがいたとして、その老人ホーム代表として全国大会に行ったりしたら面白いじゃないですか。そんなイメージ。
ああ、でも結局はそのくらいの実力がないといけないのか。

何と言うか、無心になれたらいいんですよね。小賢しい計算とか計画とかなしに、ただ楽しいからやってるっていう。
楽しいからやり続けて、ここまで来ました、というようなものが欲しい。
まあそれと巧拙は別問題ですが。

ただ、楽しいのと同時に、自分の最終目標のようなものを考えて日々生活していかなくてはいかんと思うわけです。

**

で、まあ愚図愚図考えながら、昼飯を買うついでにゲーセンに立ち寄る。

2時間後

俺「Chronosのギターは神!」

**

かくしてシルバーウィークは終わっていく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。