世間のニュースに目を向ける

PCが壊れていた時の世間のニュースなど。

KO大生、裸で駅走り撮影容疑

(前略)学生たちは集まり「何か面白い映像を撮ろう」と話し合った。
男子9人は最初、紙のパンツをはいて駅周辺を走り回っていたが徐々にエスカレート。

学生たちは「夏休みの思い出作りに何かやろうということになった。本当に恥ずかしいことをした」と反省しているという。

これ、なんかわかるなあ。
「面白いことをやる」って案外難しくて、いろいろと考えていると煮詰まっちゃって、変に文学的になってしまったり、情緒的になってしまったりとか、当初「面白いもの」と考えていたものが全く別のものになってしまう。

で、じゃあ一番身近で面白いものは何か、っていうと安直に裸になったり、卑猥な言葉を叫んでみたりすることなんですよね…でも実はそれってそんなに面白くなくて、その場のテンションが上がっている自分だけが面白くて…

…って、このブログじゃねーか!>卑猥な言葉を叫ぶ

**

まあ何というか、もっと追求していきたいもんです。ほんとすいません。まんこ。

世間のニュースに目を向ける” への2件のコメント

  1. おい、昔はもっと

    「今だって大声で女性器の名前を叫びたいのに」

    みたいな情緒あるサイトだったはずだぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。