読んだ(けいおん!3/宇宙兄弟8/めぞん一刻2)

年末から新年に掛けて読んだ本など。

しかし、いざ感想を書こうと思うと「面白かった」位しか書くことがないのは正直微妙なのだろうか。
もちろんそれが時間の無駄だということではないんだけど、こう、心の奥に出来上がったもやもやっとした気持ちをもっと表現できればいいのになあとか思う今日この頃。
単純に感情表現をもっと豊かにできるんじゃないかとか、自分の思ってることを正確に伝えられるようになるんじゃないかとか、そんな話。

マンガ一つ読むのにそこまで考えたくはないけどなw

**

けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)

とはいえ、このマンガを語るのはなかなか難しいんじゃなかろうかとw

以前から何回か書いてるんだけど、そんなに面白いというほど面白いわけではないんですよね。もうキャラを楽しむ、位の感じで買ってるけど。
でもキャラを掴むんであればアニメのほうが面白い気がするし、どうなんでしょう。

ちなみに、キャラの良さすら自分にはよくわからないまま終わってしまったのが「ひだまりスケッチ」
人気はあるみたいなんだけどなあ。

最近は「和む」的なモノが流行ってるとか聞くけど、まあそういうことなんでしょうね。
ただあまりに日常過ぎてなんとも言えないんだよな。もうここまで来ると偶像崇拝の世界じゃないだろうか。マンガ一つ読むのにそこまでk(ry

**

宇宙兄弟 8 (モーニングKC)

逆にこういう社会人的なところのほうが自分にはあってる気がします。
夢追う大人、というかそっちの方が近いのよね、立場的には。

自分に壮大な夢があるとかそういうんじゃないんだけど、30になって高校生になれるわけでもあるまいし、若い女の子と恋に落ちるとかを期待しているわけでもないし、雨の日に猫を助けたら次の日に若くて可愛い尻尾の生えた女の子が家にやってきて奇妙な生活が始まる…とかって年齢でもないですしね。

猫を助けて、次の日に若い女の子が家にやってくる、というのが許されるのは25歳くらいな気がする。なんとなく。
で、男は簡素なTシャツとか来てるんだよな。ああ、なんか考えてたらいいなあ、って気がしてきた。そういう20代中盤を過ごしたかったなあ。

とまあ宇宙兄弟完全放置(呪文みたいだな「宇宙兄弟完全放置!」→渦巻く炎!みたいな)ですが、30になったので多少好みというかリアリティを感じられるところが変わってきたのかなあ、とか。

ちょっと諦めた夢、とかある20代後半とかであれば非常に楽しめるんじゃないかと。

**

めぞん一刻 2 新装版 (ビッグコミックス)

五代さんはダメ人間という認識で間違いないんだよな?w

これこそもやもやっとした日常を描く作品だと思うんだ。
昨日はあの子とうまく話せたけど今日はそうでもなかった、と一喜一憂するようなそんな日常。

まだ文庫版で2巻しか読んでないが、疑似体験というか、フラッシュバックというか、どっちつかずな感じで生きてきた人にはたまらないかと。(自分です!)

でも考えてみると完璧な人なんかいないわけだし、いろんな人が思い思いに読めるんじゃないかなあと感じます。

**

なんか過去の様々な感情に対してあまり新鮮に感じられなくなってきたのはちょっと残念な気がするがそういうもんなんでしょうかね。
もちろんそういう人もいればそうじゃない人もいるんだろうけど。

ちょっと今年は今までになかったものを発掘してみますか。

読んだ(けいおん!3/宇宙兄弟8/めぞん一刻2)” への2件のコメント

  1. 五代くんは最終巻までダメ人間。
    管理人さんは俺の嫁。

    マンダリンがけいおんを読んで「レスポールがさ~」とか言うようになる事に期待w

    • でもなんかあのダメ人間っぷりが共感を得るんだろうなあ、と思うよw>五代さん
      どっちかというと同じ部類だものw

      ちなみに分かってると思うがけいおんはそこまで造詣が深まる漫画じゃないw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。