更新料

「狼と更新料」という、ある日、不動産屋に行くと半分狼の姿をした美人の女が住宅の更新手続きをしてくれるという現実はないでしょうか。

そうすれば、契約更新料というよくわからない高額な料金を取られてもなんとなく許せるような気がする…!

**

とりあえず、2年前に契約した時はおばちゃん。

ここ数日、更新の業務で電話したときに出たのもおばちゃんでした。

そして今日…ついに若い女が現れる!
(次回予告:やっぱりおばちゃんだった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。