川越で地ビール飲んできた。

とは言っても東京在住なので埼玉川越市はホント1時間もあれば着いてしまう距離。

思ったのは近隣でも未開拓後は本当に多いということ。


良い風景。蔵の街、川越。

以前行った東京都内の「澤井」の澤乃井の酒蔵とかもそうだったんだけど身近な部分にも気付かない良さってあるのよね。
自分は昔から暇を持て余してなかなか何も手に付かず、ふらりと川や海を見に行ったりするもののそこまで大きな気付きもなくw

こういった全然違う風景とか、あと、味覚に訴えるものは発見した感覚がありますよね。

**


Coedoビール(地ビール)。5種類ほどあったがそのうちの黒。

なにか気付きが少なくなったときは食にアンテナを立ててみるのもいいかも知れない。

大学生の時に麻布十番とかカッコイイかな!と意味もなく行ったときになにもしないで虚しく帰ったりしてたんだが、あの時の路肩で売ってたたい焼き食っておけばよかったわ。いやほんとに。
つーか、ひとつの街でも発見なんて無数にあるんじゃないかな、なんて当たり前のことを今更思ってみる。視点の変更だ、視点の。

川越で地ビール飲んできた。” への2件のコメント

  1. Evansを横からやってみたり、
    iPadひっくり返って上下逆さになるのも視点変更ですよねwww

    冗談はさておき、NHKパワーで人気沸騰した川越。
    混んでなかった?

    自分は来年龍馬伝にあやかって長崎に行こうと思っているので。

    • 人はそれなりにいたけど早い時間だったせいか混んでるって感じではなかったかなあ。

      龍馬伝にしても放映時はすごかったのかも知れないけど、終わったらやっぱり落ち着くのではないかと予測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。