エジプト・カイロのデモは何故起きているのか?

・・・ということをふと新聞を読みながら思った。

100万人のデモって物売るっていうレベルじゃねぇぞ!

**

調べた結果、「貧困のため」というのが一番しっくりくる理由なんだけど、貧困にしてもなにかトリガーとなるものがあるだろうと。
思って調べたんだけど、情報が錯綜しててなんだか分からないのね。

「給付金付きパン」が売ってて、その補助金が支給されなくなったとか、そうなのか!と思って調べてたらパンを大量に購入しようとした市民がいてそれを拒んだ店主が殺されちゃったとか、どの情報が正しいのか既によく分からないことになってる。

多分間違ってないだろうな、と思うのは

・ムバラク政権と政治の腐敗
・失業率の高さ、インフレ

とか。

エジプトの暴動の原因はなに?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154538411

このへんが参考になりそうではあるものの、なかなか正確に情報が伝わってこない。

あとパンの話。(以下引用)

エジプトでは、貧民向けに、一種の生活保護みたいな「政府給付金付パン」というのが
売ってるんだけど、その補助金が削減され、貧民がパンを買えなくなった。

エジプトは、主食の小麦の半分近くを輸入に依存していて、まず、小麦価格自体が勢いよく高騰してしまった。
さらに、地球規模の大不況、穀物価格の高騰で発生した、
多数の新規貧民のせいもあって、大多数の貧困層の生命線だった、
「政府給付金付パン」は、暴騰し、長蛇の列をしないと買えない状態に。

つまりエジプト政府は踏んではならない、「食えない、大多数の貧民」という自爆スイッチを炸裂させてしまったのさ。
でもってムバラク大統領はヨボヨボの耄碌爺。80代wおまけに、北朝鮮みたいに、国家指導者の地位を、息子に、世襲させようとしている
欧米に金を恵んで、もらってようやく生きているエジプト政府。ここに、アホなオバマが、
アラブ体制民主化だかを掲げてしゃしゃり出てきたので、火に油を注いでるなう。

◇ふっくら「赤ちゃんのほっぺ」 補助金暴動にも発展
http://www.arsvi.com/i/2misri201002.htm

使い込まれて黒光りする窯から、「アエーシュ」が次々と転がり出てくる。
エジプト政府は、パンの一部に補助金を出しており、1枚約150グラムのものが0・05エジプトポンド(約0・83円)で購入できる。
人口の約4割が1日2ドル(約183円)以下で生活するなど貧富の差が激しい同国では、
アエーシュは貧しい人々に必須の食品だ。

77年に政府が補助金削減を発表すると、国内各地で「パン暴動」が発生。
政府は軍隊まで動員したが撤回を強いられた。

http://monjiyama.tumblr.com/post/3021949207

***

昔、大学受験の時に小論文の模擬問題で「異文化の人と交流するにはどうすればいいか」みたいな問題があって「話しあって解決する」みたいなことを延々と書いて低い点数をもらったのだが、いまだにそのベストな回答が見つからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。