TPP OPP 違い

TPPとは「環太平洋戦略的経済連携協定」のこと。
Trans-Pacific Partnershipの頭文字からTPP。

で、なにやってるのかよく分からないのでw、wikiから引っ張ってきてみる。

加盟国間の経済制度、即ち、サービス、人の移動、基準認証などに於ける整合性を図り、貿易関税については例外品目を認めない形の関税撤廃をめざしている

wikiで調べてたけど新聞でも読んだんだよな。
引き続き引用。

2015年までに協定国間の貿易において、工業品、農業品、金融サービスなどをはじめ、全品目の関税を10年以内に原則全面撤廃することにより、貿易自由化の実現を目指すFTA(自由貿易協定)を包括するEPA(経済連携協定)を目標としている。

で、その結果何が起こることが予測されているのか。

TPP加入による経済効果として、内閣府はGDP2.4~3.2兆円の増加、農水省は11.6兆円の損失と雇用340万人減(廃業農家による代替の生産活動が一切行われない場合)、経産省はTPPに不参加の場合は参加した場合に比べてGDP10.5兆円減と雇用81.2万人減(日本は不参加の中で韓国が米中EUとFTA締結した場合)との試算を発表している

というまあ真面目な話なんですけど、ネタとして

「TPPとOPP(OPpai-Pub)って似てるよな!」

と思い、「TPP OPP 違い」と検索したところ既に先人がいたという話。

TPPって何ですか?OPPみたいな感じですかね??(Yahoo!知恵袋)

ほっときゃいいのにマジレスしている人がいるのはすごい。
そしてそれに対しての質問者の返信がひどいw どうしようもねえなw

TPP OPP 違い” への3件のコメント

  1. ピンバック: 解剖・アベノミクスという本を読んでいるのだけどメチャクチャ難しい | fugutiの落書き帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。