新聞にちょっと感動した~アサリの模様参考URL

酒飲みながら新聞を読んでたんですが、ふと

「これ、毎日何かしら書くネタがあるってすごくないか?」

と。

ブログとか日記とか書いてるうちに「書くことがない」的な状況に陥ってしまうわけだけど、やっぱり周りを見渡してみれば何かしらあるのよね。

***

というわけで今日気づいたこと。

アサリの模様が違う!

当たり前といえば当たり前なのですがw、不思議じゃないですか?
「アサリ」というひとつの種類なのに模様が異なっている・・・
そもそもどうやって生成されるのだろうかと。

で、ちょっと調べたらこんなんがありました。

アサリの色や模様には一定のパターンがあり、基本的には全国どこでも同じ色、模様のアサリがいます。しかし、色や模様は遺伝することがわかっており、そのためその比率には地域差があり、場所によって多い色、模様があります。また、泥の多いところにいるアサリは、硫化物によって殻が一様に黒くなったり模様が消えてしまったりします。
http://www.orange.ne.jp/~ulotto/asari.htm

そのほか、Yahoo!の知恵袋でもこんな回答が。

アサリにも種類があります。
マルスダレガイ科に属します
http://www7a.biglobe.ne.jp/~magokorogai/nimaigai.html(下のほうに出ています)

地域差や個体差もあるんですね。
オキアサリやヒメアサリがあり、似ているコタマガイも有ります。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~magokorogai/asari.html(模様が違います)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~magokorogai/okiasari.html(オキアサリ)

又、輸入物も有りますし、海外からの稚貝も有り繁殖させているようです。
明確に国内産とはいえないのかも知れません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416192339

最後に知恵袋に載ってたURL。

二枚貝類

貝の模様が美しいです。
ちょっと感動したなど。

新聞にちょっと感動した~アサリの模様参考URL” への1件のコメント

  1. ピンバック: アサリの砂抜きを見ながら一日中過ごせるのではないか説 | fugutiの落書き帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。