濁り酒「浅間嶽」と「澤乃井」

日本酒シリーズ。

「濁り酒ありますか?」と日本酒の飲める飲み屋では聞いたりしてるんですが、先日飲んだのが以下2品。

浅間嶽


「浅間岳」「朝熊岳」で検索して出て来なかったたんだけど、正しくは「浅間嶽」

長野県信州小諸の「大塚酒造」さんのお酒っぽい。
http://www.asamadake.co.jp/shop/index.html

多分これだと思うんだよなー。
濃厚な感じが好きです。

澤乃井


こっちはちょっとフルーティーと言うか軽い口当たりに感じました。
発泡感があった。濃厚ではないが別の美味しさがある。

これは東京奥多摩の澤乃井(小澤酒造株式会社)さんのお酒。

澤乃井 蒼天原酒、辛口にごりの出荷が始まりました。|東京の地酒-澤乃井 社員Aの報告(公式ブログ)
http://ameblo.jp/sawanoi/entry-11088870781.html

澤乃井さんは何回か伺ったことがあるので個人的にはちょっと思い入れがあります。
とは言っても飲み屋で見ると「おっ」と思って注文する位な感じですが・・・

「濁り酒」と一括りにしてもなかなか違うもんですね。面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。