クリームパン一つで大喜びする方法を考える

写真使って何かアップしようと思ったらクリームパンしかなかったなど。

****

たかだか100円とはいえ、このクリームパン、結構無数の楽しみがありますよね。
5つ入りのクリームパンをおもむろに掴んで、真ん中から半分に割る。

とろけたカスタードクリームがトロリ。

・・・これこそ小さな幸せですね。

****

ただ、なんというか、これを大きな幸せにできないかなーとか思ったりするわけです。

例えば、このクリームパンが最高に幸せになる瞬間って三日三晩断食みたいなことをやって、やばい、腹が減りすぎて死ぬ、みたいな時に断食が解禁になって目の前に出された時に物凄く幸せ!みたいな感じだもんなー。
いやでも断食した時に真っ先にクリームパンを食べたいかっていうとそうじゃない気もするな。

アレだ、断食を3日やって、その寺の主に

「さあ、食べていいですよ」

と言われたけど寺の中には探せど探せど何も無い。
やっとのことで棚の裏にクリームパンが一つ、ちょこんとおいてある。

うーん・・・

棚の裏に、クリームパンとオレンジジュースが置いてある。
そしてクリームパンを一気に齧り、オレンジジュースをがぶ飲みする。

そんなだな。
それでようやく幸せ、か。

もっと普通に家の棚にクリームパンがおいてあれば大喜びするカツオくんみたいになりたいもんです。
想像力が足らんのだ、想像力が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。