主将が揺らぐとチームが揺らぐぞ」という言葉と現実世界のシンクロ

ちょっと前から自分の中で勝負ブームが来ており、勝負とか頑張って努力して成功するってマンガが凄く好きになっています。

その中で年始から「ダイヤのA」というマンガを読み始めており、30巻まで全部読んだのですが印象深い言葉が27巻にありました。

引退した主将・哲さん(結城哲也)からの言葉

苦しい時ほど、顔には出すなよ。
主将が迷うとチームが揺らぐぞ。
お前の発言・・・行動
そのすべてがチームメイトに見られてるんだ・・・
そのことを絶対に忘れるな

これを読んで、当時仕事に悩んでた自分はいたく感激しまして。
これだ!と思っていたのですが、その数日後の上司との評価会議の際に、最近ネガティブな発言が多いことを指摘され、

「FGさんは上に立つ立場(※)なので下のメンバーが発言とか行動とかを見て育ちます。そこは注意をしてください」
(※ちょっとだけ上に立っている程度で実際はちんちくりんですw)

と言われました。

これって哲さんの言葉じゃないですかーーー!!
と、再度感激し、帰宅後に酒飲みながらダイヤのA読んで寝てた。

そんなマンガ脳。てか、反省しろ、自分。

主将が揺らぐとチームが揺らぐぞ」という言葉と現実世界のシンクロ” への2件のコメント

  1. 自分も数十人の人間を動かしている人間なので、とても心に残りました。
    自分に迷いがあると、みんなが不安になるんですよねぇ……

    それだけの熱意を持って取り組めるかという点に気をつけていきたいと思います。

    • あざっす!
      いや、ほんとにw 自分のことだけを考えてもいられないですからね。
      色々大変ですが頑張りましょう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。