神経を抜いても痛いという話~歯医者風俗(Medley)

定期健診から見つかった銀歯の奥の虫歯。
意外と根が深く、神経を抜く羽目になる。
神経を抜いて次の週通院してみたらまだ歯が痛い。
薬を貰って本日通院(今ここ)

 

神経抜いた後の私

神経を抜いた際に

「もう俺、最強じゃね?」

とか思ってたんですよ。そしたら痛いっていう予想外の展開。

宮内由香先生のLOとかに掲載されている「なんで?なんでこんなに痛いの!?」みたいな漫画よろしく
「なんで?何で神経抜いたのに痛いの!?」という超展開ですよ。
歯医者内でGoogleで調べましたもんw

答えはこんな感じ

なぜ痛いのか?神経がないのに。それには先ず神経を抜く治療とはどんな治療なのかを知らなければなりません。虫歯が大きくなると歯の中にある痛みを感じる部分、いわゆる神経に炎症が起きます。神経に起きた炎症は基本的に治らないものですから、そこで「じゃあ神経を抜きましょう」となるわけです。神経を抜くと言っても脳みそまで取る訳にはいきません。正確には『神経を切る』のです。ではどこで切るか。これは炎症が起きていても自分の力で治せる部分、歯の根っこの先で切るのです。そうです神経を抜いた歯が痛いというのは、正確には神経を切った切り口の治りが悪いという事なのです。
http://www.kamikami.com/quest/pulp.html

 

被せ物してる時は全然痛くないんだけど、明日やっぱりちょっと痛んで、あと数回通うことになるんだろうなー・・・

 

歯医者風俗

考えたんだけど、痛みを紛らわすために女医のおっぱいが顔に乗っかってくるサービスってのはどうなんだろうか。
あるいは抜きと歯の治療がセットになってるとか。ねーよ。

あっても「もし痛かったらおっぱいを鷲掴みにしてくださいねー」程度。
ないか、ないよな。

とりあえず歯医者こわい。

 

神経を抜いても痛いという話~歯医者風俗(Medley)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 歯医者通い始まる〜初日の恐怖心 | fugutiの落書き帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。