【8月】燕岳登山ルートで見た風景【写真あり】

1回目:【8月】燕岳・燕山荘で見たアルプスやテント状況【写真あり】
2回目:【8月】燕岳・燕山荘で見た日没・夜明けの風景

3日連続で更新している燕山コーナーも今回が最終回。
燕山登山ルートで見た風景を写真に収めたので紹介したいと思います。

 

登山道(中房温泉口〜)

miorosu
極端です。
登りはひたすら登り続けるというもので、とにかく登りが続きます。
ただ、鎖場とかそういったちょっと面倒なところもなく、本当に体力勝負と言った感じのルートです。
へばらないようにゆっくりと進んでいけばそれほど難所はないのでは?と感じました。体力の調整だけは気をつけましょう。
写真は登ってきたルートを上から見下ろした図。

 

中間地点:合戦小屋

kassen

厳密には真ん中ではないのですが、一区切りつくのがこの「合戦小屋」。
トイレや出店もあるのでひとつのポイントとなります。
また、ここでの名物がこちら。

suikasuika-2

スイカ!
夏ならではの楽しみ。小屋の近くの水槽にぷかぷかと浮かんだスイカがまた食欲をそそります。
写真のサイズで800円。前述のとおりここまで体力勝負の道程なのでこのスイカは食べる価値ありです。

 

燕山荘が遠方に見えてくる

enzan

合戦小屋を越えると燕山荘が見えてきます。
「あと少しだ!!」と思えてきます。罠なんですけどねw
近いと思いきやちょっと遠いです。
とは言え2時間もあれば着く距離なので焦らず、じっくり行きましょう。

 

燕山荘

enzansoh
燕山荘に到着した時に見えるご褒美の風景。
自分も初めてでしたがものすごく感動しました。
テントでボーっとしてたら後から到着したおじさんがいたく感激していて「わかるなあ」とw

 

まとめ

登っておいたほうがいい山。

ともかく風景が圧巻でした。
前回の更新にも書いたのですが、もし余裕があれば宿泊をおすすめします。
大自然に囲まれて過ごす一日というのはとてもいいものだなあと実感出来ます。
おすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。