外国語をマスターするために実践したい3つの方法

niku

先日、日本で働いている外国の人とご飯を一緒にする機会があって、その時に聞いた「日本語をできるようにするためにやっていたこと」がとても面白かったのでまとめてみようと思う。
多分この方法は他の言語でも実践できるはずなのでタイトルは「外国語を〜」としてみました。

 

実践していた3つの方法

 

1.ドラマを何回も見る、復唱する
日本の場合、アニメでも良いのだけどアニメだと貴様、とかを使うことがあり、間違ったニュアンスを覚えることがあるらしいw
ドラマは日常会話の多いものを選ぶ。そして、復唱。

 

2.小説を読む
わからない言葉(特に漢字とかもあるので)はあとで調べる。
その方は付箋を貼って読んでました。

 

3.Podcast
電車の空き時間とかで聞きながら過ごす。

 

ともかくハングリー。
時間がない、というのは自分でも口癖のように言っていることがあるんだけど時間の使い方が徹底されている。
ドラマを漫然と観るわけではなく日常生活の勉強も兼ねて、というやり方をしていくと同じ時間でも密度が変わる。

外国語の学習法という面でも面白いんだけども、時間術としても学ぶところが多い。
久々に刺激を受けた日でした。

負けじとがんばろう!

外国語をマスターするために実践したい3つの方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: ゲームをやっている時間は何も生み出していないのではないか? 先週のゲームまとめ | fugutiの落書き帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。