JR姫路駅の「えきそば」が名物と聞いたので食べた。感想とか。

姫路に行った時に

「駅そばが名物ですよ!」

という話を聞いたので食べに行ってみました。

 

駅そばとは

ひとまず姫路の駅そばが名物になった経緯などを。

この駅の名物として名高いのが「駅の立ち食いそば」である。まねき食品が営業する立ち食いそば・うどん店で売られている「えきそば」は、つゆはうどん等と同じながら、かん水を使用した中華そばに近い麺を使用した、いわゆる「黄そば」である。このような駅そばはあまり例がなく、旅行者の間では「姫路のそば」といわれて親しまれている。1949年(昭和24年)10月19日に販売開始。姫路の「えきそば」は他業者の製品が地元スーパーでも販売されているなど完全に地元に根付いた存在となっている。
姫路駅 – Wikipedia>えきそば

なるほど。
というわけでそんな珍しい形式の駅そばを食べてみた。

 

食べてみた

「駅そば」っていうと単純に立ち食いそばのイメージで、それって普通なんじゃないの?名物なの?と思うわけじゃないですか。

sonna-fu
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

で、実際に食べてみたら普通っちゃ普通でしたw
ただ、wikiにもあった通り麺の白さが結構珍しいです。

ekisoba

ekisoba-2

白い麺。珍しい。
味が特殊なわけではないけども、これはこれでまたイイネ!

***

知恵袋にも載ってた。

JR姫路駅の駅ソバが美味いと評判らしいのですが本当でしょうか?何か他の所と違い… – Yahoo!知恵袋

やっぱり普通って書いてるなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。