テリーヌdeシキリーヌについて調べてみた(伊藤ハム×品川女子学院中等部)

伊藤ハムと品川女子学院中等部が商品開発を共同で行っているというのはニュースになっていたので割と有名な話かと思うのですが、そのなかの商品の一つに「テリーヌdeシキリーヌ」というユニークなものがあるということで調べてみました。

 

商品開発プロジェクトについて

伊藤ハムの公式サイトに掲載されています。

この開発プロジェクトは、品川女子学院の中等部3年生生徒231名と、当社のマーケティングおよび商品 開発担当者が中心となり、2014年春の発売を目指して「高校生のお弁当のおかずとして食べたいもの」を商品開発のテーマに、商品コンセプトからパッケージデザイン、プロモーションの検討まで商品開発に関わる様々な業務を授業の一環で体験してもらうほか、9月に開催予定の文化祭では、ご来場されたお客様による投票(調査)の実施も予定しております。
伊藤ハム | 企業情報 | ニュースリリース | 品川女子学院×伊藤ハム 新商品開発プロジェクト実施

うーん。
自分が子供の頃にこういったプロジェクトはまずなかったと思うので時代を感じますね。

 

テリーヌDeシキリーヌとは?

新聞に掲載されていたのですが食べられるばらんとのこと。

ちなみに「ばらん」とは・・・

baran
バラン・画像検索

画像検索でビジュアル的に見ると分かりやすいのですが弁当などに入っている仕切りのこと。

 

商標も

商標速報botによると既に商標の出願もしている模様。
登録されたのかな?

 

発売日

新聞で読んだところによると3月に販売されるとかだったのでもう少し先ですね。
既に学校の文化祭などでは先行販売されていたようですが、一般販売後、どのように売れていくのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。