自由律俳句を考える

尾崎放哉の「咳をしても一人」は有名ですが、この形式を持たない句を「自由律俳句」と言うそうです。
※ちなみに尾崎放哉の半生をwikiで読むとなかなか壮絶。→尾崎放哉 – Wikipedia

「咳をしても一人」という9文字の音の中からいろいろな背景を想像できる。
それが素晴らしい。

そこでふと自分で思いついた自由律俳句を紹介。

 

河豚崎放哉

歩きながら屁をする

車が通り過ぎるタイミングで屁をする

出社前にレベルが上がる
(※スクフェスの句)

 

所感

以上です。何卒よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。