土曜日の楽しみ、平日の楽しみ

昔、はてなのこんな文章を読んでひどく共感した。
(30秒で読める文章なのでぜひ全文を)

なぜか休日は自炊する気力がわかない。
もう、一生繁華街に出ることなんかないような気がする。
服を買うためなんていう理由で街に出てたのが嘘みたいだ。
スポーツジムに週4で通ってたのはなんだったのか。
行きたいイベントなんてないし、旅行したい場所もない。
グーグルアースだけで十分な感じだ。
これが、老いか。
週末ひきこもり

まだここまで無気力にはなっていないんだけどw、最近ボーっとすることに楽しみを覚えだしたので土曜日の楽しみと平日の楽しみなんかを自分で振り返りつつ。

 

土曜日の楽しみ

ここ最近土曜日に飲み屋に夕刻ぐらいに行ってビールを飲みながら何も考えずに外の風景の見ている瞬間がとても幸せだということに気づく。

色々と無気力状態になっててアレなのかもしれないけどもw、何も考えなくていい瞬間がここまで幸せだと感じることが今までなかったのでとても新鮮。
平日にそこまで色々と考えているわけでもないんだけどまあなんというかストレスが溜まっていたのかもしれない。

無責任になれる幸せが土曜日にはある。

 

平日の楽しみ

で、日曜日に同じようなことをやると月曜日に二日酔いで朝がツライというw

平日にも同じような楽しみ方がないもんかなと探してみたところ、あった。風呂だ。
風呂につかってやはり何も考えない時間を過ごす。

今の時期、寒くて風呂が気持ちいいということもあり、ぼんやり何も考えないのが大変幸せ。

というか、ここまで書いてて自分は大丈夫なのかという気もしてきたなw

 

一般的な楽しみ

世間一般的に社会人の人は休日に何を楽しんでいるのかをちょっと調べてみたところ、おおよそこんな感じ。

・自己啓発(読書とか)
そういう元気があるのであればそれはそれで幸せなのかもしれない。
読書は普通にするので特に抵抗もないけど、土日になんかのセミナーに行くとか、余程のことじゃないとやらないなーw

・ストレス発散(一人カラオケ、散歩)
これはこれでありですよね。
自分だったら森林浴みたいなことをしてやはり何も考えないw
一人カラオケ、やったことがないけど自意識過剰なので一人でカラオケに行くっていうところで余計に疲れてしまう気がする。

・何もしない
やっぱり世の中には一定量「何もしない」人がいるようで。
賛成ですw

一方であまりにもなにもしないと「休日に何もしないで過ごしてしまった」感もちょっとあったりするのよね。

・掃除
「部屋の乱れは心の乱れ」とか言われるけど、それはそれで一理あるような気がする。
何かの本で読んだけど、掃除できていないと無意識に視界にいろんな情報が入ってきて心が乱れる、みたいなのはあるらしい。
掃除・片付け・捨てる」の企画をやっていた時はたしかに気持ちがスッキリした気がするなー。

・ショッピング
最近は消費欲がまるでないのでわからないけど、まあ好きな人はこれで…

 

まとめ

なんだか思うがままにつらつらと書いてしまったわけだけど、どうなんだろ。
「何も考えていない時間が幸せ」って見方によってはだいぶ危ない感じがするのだけど、まあそういう時って人間の本能が「ボーッとすること」「何も考えない時間を取ること」っていうのを求めているわけで。

それはそれであまり深く考えずに流れるままにいこうかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。